透析患者の高リン血症

検査


↓もっといい職場がきっとある↓


看護のお仕事

透析患者の高リン血症

いったい何がいけないのか?

「サイレントキラー」と呼ばれるくらいなんですから、

それだけ危険で侮ってはいけない指標の一つです。

透析患者の高リン血症の原因

原因は・・・腎不全です(^^;)

リンの排泄が腎臓に依存しているので、

腎臓の機能が低下するにつれ、リンの排出も低下

その結果、体の中にリンが蓄積

透析をすることで、リンも除去されるのですが、除去量としては1/3くらいは残るみたい。

つまり、透析間のリンの増加が多ければ、それだけ除去しきれない量が増えていく

ということですね(>_<)

透析患者の高リン血症の症状

高リン血症自体、大きな症状があるわけではありません。

ただ、

高リン血症が続くことにより、

2次的に症状が出てきます。

これが・・・怖い

サイレントキラーと呼ばれる所以ですね

 

高リン血症が続くことによって、出てくる症状としては

・動脈硬化

・関節痛

・体の痒み

などなどですね。

透析患者の高リン血症 リンの基準値

透析患者における、リンのコントロールの基準値は

3.5~6.0mg/dL

と、なっています。

私は人によっては

「できれば、5.0以内にして欲しいかな」

って言っています(^^;)

こう言っておけば、だいたい5.5程度に収まってくれますし、それに慣れたら、後は大丈夫です(・∀・)b

透析患者の高リン血症の治療薬

食事内容もそうですが、

上手に治療薬を内服することが重要になってきます

いわゆる、リン吸着剤ですね。

一般名 商品名 特徴
炭酸カルシウム カルタン Ca含有されている。Ca上昇に注意が必要。胃酸抑制剤との併用で効果低下
塩酸セベラマー レナジェル、フォスブロック 血管石灰化進展抑制、リン吸着効果カルタンの1.5倍

便秘

ビキサロマー キックリン 保存期でも使用可能。便秘が少ない。
炭酸ランタン水和物 ホスレノール リン吸着効果が高い。

悪心・嘔吐・便秘

スクロオキシ水酸化鉄 ピートル 黒色便、下痢。
クエン酸第二鉄水和物 リオナ 鉄含有のため貧血改善効果あり。黒色便。下痢。

使用可能なリン吸着材は全部で6つ

それぞれの一般名と商品名、特徴は上記の表通りです。

高リン血症と食事

何だかんだで、

高リン血症で一番注意するのは食事

リンの含有が多い食べ物は減らす必要があります。

もちろん、

好きなものを食べて、リン吸着剤をしっかり飲んで、リンの上昇を減らすというのもありかもしれませんが、

リン吸着剤の内服量が増えますし、便秘になったりと、いいことはありませんね。

 

 

 

※参考にさせていただいたサイト作成者の方には心より感謝いたします。

このサイトは私の勝手な意見も含まれていますので、鵜呑みにせず、ご自身の判断にて理解していただきますようお願いいたします。

また、できる限り最新情報に更新していこうと思っていますが、抜け漏れもあると思います。

常に、最新情報をご確認していただけますようお願いいたします。

検査
maruをフォローする
臨床工学技士の備忘録
タイトルとURLをコピーしました