N95マスクってなに?効果や付け方、使用期限等のまとめ

コラム


↓もっといい職場がきっとある↓


看護のお仕事

前々から気になっていたことなんですが、新型コロナウイルスが流行してから度々目にする機会も増えてきました。

N95マスク

N95マスクっていったいどうやって使うのか?

サージカルマスクとどう違うのか?

付け方は?そもそも、効果ってどうなの?

使いまわしているけど、本当にいいの?

と、いう疑問に関してついに調べてみました(^^;)

N95マスクとはどんなマスク?

N95マスクを調べてみると、

そもそも、鉱山用として作られたみたいです。

0.1~0.3μmの微粒子を95%以上除去できる性能がある(耐油性なし)

のことをN95マスクと呼び、アメリカ合衆国労働安全衛生研究所が指定する規格をクリアし、認可されている必要があります。

正式名称はParticulate Respirator Type N95

簡単に言えば、

とても小さなゴミを防いでくれるマスク

ということですね(・∀・)b

 

日本でも昔から使われていのですが、

今までは結核病棟や結核疑いの人の様に、空気感染を防ぐためにそのような人と接触する場合に使っていることが多かったですね。

SARSやMERSの時にも話題になっていた気がします。

今回、新型コロナウイルスの感染症対策として重要視されてきました。

 

ちなみに、新型コロナウイルスの場合、

N95マスクを使うことが推奨されているのは、エアロゾル産生手技を行う場合

気管挿管・抜管、気道吸引、NPPV装着時、気管切開術、心肺蘇生、用手換気(アンビュバッグ、ジャクソンリースetc.)、上部消化管緊急内視鏡、気管支鏡検査、ネブライザー療法など

になります。

それ以外ではサージカルマスクを使用してのPPEをしていれば、伝番を防ぐことができるという見解だそうですね。

N95マスクの効果は

上記のように、

N95マスクを使用すれば、直径1~3μm以下の微粒子を95%以上捕集してくれるので

空気感染対策には最高のものと言えますね(・∀・)b

 

ただ、装着がいまいちだと、効果が薄くなるどころか、

全く意味が無くなる恐れがあるので装着には十分注意が必要になります。

N95マスクの付け方

N95マスクの効果を最大限発揮するには

顔への密着度が十分でなければいけません。

その為にもまずは、

自分の顔にフィットしていることが重要になります。

 

N95マスクを置いている病院では、

サイズを何種類か用意していたりしますよね(・∀・)b

 

その中から自分の顔に合うものを使う必要があるということ

まずこれですね

 

それから、

・フィットテスト

・ユーザーシールチェック

を行うことが重要と書かれていますが・・・

フィットテストをするにはちょっと大掛かりな気がしますね(;・∀・)

詳しくはM3の公式サイトをチェックして見てください

N95マスクの適切な装着のために

最低限、ユーザーシールチェックは行うべきですね。

入室前には必ず行っておく必要があります。

 

面倒臭い・・・と思うかもしれませんが、

自分を守るためですからね。

N95マスクの保管方法

N95マスクは・・・使い捨てではありません( ゚Д゚)

 

これにはビックリしました。マスクというものは一度外したら捨てるものと思っていたので、

入職したての時に、看護師さんがN95マスクを名前の書いた紙袋に入れていたのですから(^^;)

 

で、調べてみるとちゃんと書かれていますね

と言っても、基本的には使い捨てなので、病院等の規定に基づくことになります。

 

保管する場合、

・患者毎に1つ

・保管する場合は、使用者毎に

・指定された場所に保管し、通気性のある容器に保管

です。

メーカーが再使用を推奨することや使用期限を指定することは無いと思いますので、

各施設の感染対策委員会等で定められた使用方法に遵守するしかありませんね。

N95マスクの使用期限

こちらも、各施設が独自に定めるしかありません。

メーカー規定は毎日交換になるでしょうから。

 

メーカーとしては、使用回数は表示していませんが、

製品が傷ついたり、破れたり、汚染されたりするまでは使用することが可能と表示している場合がありますね( ̄▽ ̄)

N95マスクを再使用して感染のリスクはないのか?

これ、一番疑問に思っていました(^^;)

マスクを保管して、そこに付着した菌から感染することは無いのか?と

 

これも3Mのサイトに書かれているのですが、

結核菌とサイズおよび形状が類似した枯草菌(Bacillus subtilis)を用いてN95マスクからの再エアロゾル化(マスクからの菌の離脱)に関する研究が報告されています。その結果によると、通常の呼吸の37倍にあたる逆向きの流速下(激しい咳やくしゃみに相当)でのマスクからの再エアロゾル化率は0.1%未満であると述べられています。すなわちマスクに捕集された菌1000個のうち激しい咳やくしゃみによって離脱する菌は1個未満であることを示しています。
出典:3M

ということで、

マスクにからめとられた細菌やウイルスは離脱することはほぼなし

だから、感染のリスクもほぼなし。

ということですね(・∀・)b

まとめ

N95マスクに関しての今までの疑問がすっきりした感じです(・∀・)b

私的にですが(;’∀’)

 

日常のユーザーシールチェックを行い、保管方法を定めておくことが重要

 

新型コロナウイルスではエアロゾルが大量に発生する場合はN95マスクが推奨されている

ということですね。

そもそも、空気感染対策に用いられるものなので、

日常的に使用するのはナンセンスだということですね。

 

日常的にはサージカルマスクと正しいPPEを行っておくことで感染対策は問題ないということですね。

 

 

 

 

 

※参考にさせていただいたサイト作成者の方には心より感謝いたします。

このサイトは私の勝手な意見も含まれていますので、鵜呑みにせず、ご自身の判断にて理解していただきますようお願いいたします。

また、できる限り最新情報に更新していこうと思っていますが、抜け漏れもあると思います。

常に、最新情報をご確認していただけますようお願いいたします。

コラム
maruをフォローする
臨床工学技士の備忘録
タイトルとURLをコピーしました