ダイアライザーの機能分類

血液透析


↓もっといい職場がきっとある↓


看護のお仕事

ダイアライザーの機能分類は平成27年(2015年)度までと、それ以降では大きく変わったみたい

今までの分類ではⅠ型からⅤ型までの分類だったのが、

今ではⅠ型Ⅱ型、S型。そして、Ⅰ型Ⅱ型にはそれぞれa、bと分類分けされています。

平成27年度までのダイアライザーの機能分類

平成27年度までは下図の分類になっていました

27年度までのダイアライザーの機能分類

Ⅰ型

10%以下

Ⅱ型

10~20%

Ⅲ型

30~50%

Ⅳ型

50~70%

Ⅴ型

70%以上

27年度まではダイアライザーのβ2‐MGのクリアランスによって分類されていたみたいです。

平成28年度以降のダイアライザーの機能分類

平成28年度以降はこのように変わっています

上図のⅠa型、Ⅰb型、Ⅱa型、Ⅱb型に特殊型のS型を加えた5つに分類されています。

Ⅰ型はβ2‐MGクリアランスが70未満

Ⅱ型はβ2‐MGクリアランスが70以上

a型はアルブミンふるい係数が0.03以下

b型はアルブミンふるい係数が0.03以上

それぞれの組み合わせで4種類の分類になります

つまり、旧分類のⅤ型以外は全てⅠ型に分類されると言ことですね。

これに、

特殊型のS型

S型の定義は『生体適合性に優れ、吸着によって溶質除去ができる、抗炎症性、抗酸化性を有する』こととなっていて、具体的には

EVAL膜やPMMA膜になります

また、これらに積層型、血液透析ろ過用、血液ろ過用のダイアライザーがあります。

ダイアライザーとは

そもそも、

ダイアライザーって何か?

これが解らないと、機能分類を知っても意味がないですね(;・∀・)

ダイアライザーの構造は簡単に言えば、とても細いストロー

その細いストローが束になって、筒に入っているものがダイアライザー(積層型は別)

そして、

ストローの中を血液が通り、その外を透析液が流れる

血液はダイアライザーを介して、透析液と接触。

血液と透析液が接触することにより、濃度の勾配を利用して、必要なものを血液の中に取り込み、不必要なものを透析液に排出する

これが透析。

ということですね。

透析を行うには材料は全て必要になりますが、ダイアライザーが無ければ血液をキレイにすることができないですね(>_<)

ダイアライザー大事です(・∀・)b

ダイアライザーの種類

ダイアライザーには使っている素材が数種類あります

・ポリスルホン膜(PS膜)

・ポリエーテルスルホン膜(PES膜)

・ポリエステル系ポリマーアロイ膜(PEPA膜)

・エチレンビニルアルコール共重合体膜(EVAL膜)

・ポリメチルメタクリレート膜(PMMA膜)

・AN69膜

・セルローストリアセテート膜(CTA膜)

この7種類があります

それぞれ特徴がありますが、それはまた別で・・・

この中で、一番使われている素材がPS(ポリスルホン)だそうです。

小分子から低分子蛋白まで幅広い物資の除去能力があるみたいですね。

 

ダイアライザーの性能評価って昔はたくさんの病院が学会で発表していました。

新しいダイアライザーが登場したらこぞって発表していたのですが・・・

思うんです。

一番データーを持っているのって、メーカーでは?

確かに、メーカーは疑似装置でデーターを取って、病院では実際の透析で測定しているかもしれませんが、

実際の正確性を考えてみると・・・やっぱりメーカーかなって思ってしまいます(^^;)

まぁこれは大きな声では言えませんが・・・(-_-;)言ってしまっていますが(;’∀’)

・・・話がそれました・・・

まとめ

ダイアライザーの機能分類についてでした。

今まではβ2‐MGのクリアランス性能だけを見ていたのが、

アルブミンのふるい係数も加味された分類なりました。

 

透析を受ける人の年齢も年々上がっています

そんな中、

アルブミンの漏出というのは問題になってくる

食事量が少なく、低アルブミンのお年寄り。

確実に予後不良になると思います

 

だから、ダイアライザーの選び方として、β2‐MGは除去したいけど、

アルブミンの漏出は控えたい・・・

となります。

 

そうなると、Ⅰa型とⅡa型がアルブミンのふるい係数はどちらも0.03以下

つまり、Ⅰa型って使う必要あるの?ってなってしまいますね(;・∀・)

ただ、Ⅰ型とⅡ型でもふるい係数が変わってくるので、少しでもアルブミンの漏出を減らしたい場合には、Ⅰa型になるのでしょうけど。

 

また長くなりましたが、

ダイアライザーの機能分類はこんな感じになっています。

もしかしたら、来年、再来年にはこの分類自体が変わっている可能性もあります

医療技術は日々、進歩していますから。

でも、ダイアライザー選びは分類が変わったところで、同じだと思うのは、私だけでしょうか???

 

タイトルとURLをコピーしました