透析時運動指導等加算

血液透析


↓もっといい職場がきっとある↓


看護のお仕事

2022年の診療報酬改定で

新しい、透析患者さんの加算が登場しましたね

それが、

『透析時運動指導等換算』

だそうです。

診療報酬としては75点

透析に関しては年々、診療報酬は下がっていきますし、

今回や薬剤の点数が上がったりするので、是非獲得しておきたい診療報酬の一つになりそうです。

透析時運動指導等加算とは

要するに、

透析中に適切な運動療法を行いましょう!!

ということですね。

 

透析患者は週3回4時間程度寝ています

寝ているということは、それだけ体の骨格筋を使っていない状態

その状態では骨格筋が弱くなっていく

 

それを防ぐために運動を!!

ということみたいですね。

 

診療報酬の内容としては・・・

人工腎臓を実施している患者に対して、医師、看護師、理学療法士又は作業療
法士が、療養上必要な訓練等について指導を行った場合には、透析時運動指導等
加算として、当該指導を開始した日から起算して90日を限度として、75点を所定
点数に加算する。
出典:https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000907834.pdf

ということですが・・・

イマイチぴんと来ませんね(;・∀・)

というよりも、ざっくりと書かれているだけで、

内容がわからない状態

もちろん、各方面で運動療法の内容は整理されて、最低限の指導内容的なものは出てくるのでしょうけど・・・

勤め先でも取り合えず、エルゴメーターは必須だろうということで購入をしているのですが、

内容はまだ定まっていません(>_<)

 

文面にも書いている通り、

当該指導を開始した日から起算して90日を限度として

なんですが、

結局、目標としては骨格筋の衰えを防いで、

貧血改善や栄養改善を行い、薬剤薬液の使用量を減らしましょう!!

そして、より健康的になりましょう!!

ということなんでしょうけど・・・

90日運動しても、結局、1カ月休んでしまったら意味ないのでは?

と思うんですよね。

 

運動って継続だけが力になるので、

始めたら、続けていくことに意義があるのだと思うのですが・・・

90日後の評価が必要になるのかもしれませんね。

 

ある一定の効果が得られなければ、続ける必要はありません。

なんて、方針になるのかもしれませんしね(;・∀・)

まとめ

新しい診療報酬の加算

透析時運動指導等加算

が新設されました。

 

診療報酬は75点

開始してから90日までの加算になります。

 

 

 

※参考にさせていただいたサイト作成者の方には心より感謝いたします。

このサイトは私の勝手な意見も含まれていますので、鵜呑みにせず、ご自身の判断にて理解していただきますようお願いいたします。

また、できる限り最新情報に更新していこうと思っていますが、抜け漏れもあると思います。

常に、最新情報をご確認していただけますようお願いいたします。

血液透析
maruをフォローする
臨床工学技士の備忘録
タイトルとURLをコピーしました