透析液清浄化

血液透析


↓もっといい職場がきっとある↓


看護のお仕事

透析液の清浄化についてのまとめ

透析液の清浄化の意義

近年・・・と言ってももう10年以上も前から透析液の清浄かは言われていますね

透析を施工するには大量の水(透析液)が必要

透析液と患者さんの血液はダイアライザーという膜で接している

ダイアライザーの改善により、側溝(ポアサイズ)が大きくなった

今までは通らな型サイズの細菌やエンドトキシン(ET)が透析患者さんの血液に流入することがある

OHDFやI-HDFによって、大量の透析液が患者さんの体に入ることになる

ということから、

透析液の清浄化が必要になる。

 

そもそも、何でダイアライザーのポアサイズを大きくする必要があったのか?

β2‐MG等のいわゆる大分子量の物質を除去するためみたいです

β2‐MGは透析アミロイド症や手根管症候群の原因物質だそうです。

 

では、細菌やエンドトキシン(ET)が体内に入ったらどうなるのか?

炎症反応や血圧低下の原因に

また、β2‐MGの体内蓄積助長の報告もあるそうな・・・

つまり、透析アミロイド症や手根管症候群の原因になるという悪循環に。

 

だからこそ、透析液の清浄化は透析で使用するダイアライザーの進化やOHDFやI-HDFの登場により、必要不可欠になったということですね。

透析液清浄化の方法

基本的には洗浄とETRFの設置

配管内の洗浄は次亜塩素酸ナトリウム

 

透析後に適正濃度にした次亜塩素酸ナトリウムをセントラルからコンソールの配管に流して消毒します

消毒の方法は『封入方式』と『シングルパス』

次亜塩素酸ナトリウムを一定時間配管内にとどめておくのが封入方式

シングルパスは流しっぱなし

どちらも効果に差がそれほどありませんが、最終の濃度が変わってきます

 

そして、ETRFの設置

エンドトキシンをカットするフィルタ

ほぼ、エンドトキシン(ET)をカットしてくれます。

今時、ETRFを設置していない施設はいかがなものか???って言われるかもしれませんね(;・∀・)

中にはそんな施設もあるみたいですが・・・

透析液清浄化の指標

基本的には上記2つで透析液の清浄化を行う

行ったうえで、清浄化の達成のための指標は?

透析液清浄化のガイドラインとしては、『2016年版透析液水質基準』が最新になるのか?

他には見つかりません(^^;)

これによると・・・

清浄化の定義として簡単に言うと、『化学物質の汚染、生物学的汚染がなくい状態』

その為に、透析用水・透析液の汚染状態を観察し、装置の設計、管理方法を検討することになるみたいですね。

生物学的汚染基準としては

生菌数[CFU/mL未満] ET[EU/mL未満]
透析用水 100 0.050
標準透析液 100 0.050
超純水透析液 0.1 0.001

また、

OHDF等の透析液を直接、患者に入れる治療の場合は『無菌・無エンドトキシン』が基準になるみたいです

つまり、OHDFやI-HDFを行っている場合、透析液自体、無菌で無エンドトキシンでなければいけないということです

と言っても、検出範囲以下という数値でしか表示されない場合が多いので、本当に『無』か?という判断は難しいところです。

サンプル液の採取方法も記載されていますが、それはこちらを参考に

2016年版透析液水質基準達成のための手順書 Ver 1.00

透析液の検体は外注にするか?

透析液清浄化の一つの問題は・・・

検体をどうするか?

 

エンドトキシンや生菌は透析室で測定することも可能

ただ、エンドトキシンは測定機器が高額になるので、

外注に出したときとのコスト比較が必要

生菌に関しても、環境さえ整っていれば、施設で培養することも可能。

そのキットも販売されています。

どのキットを使うかはいろいろサンプル比較して、使い勝手が良いものを使うのがベスト

 

私の施設では

生菌は施設で培養

エンドトキシンは外注

にしています。

20床もないので、トキシノメーターを購入するよりも、手間もコストも外注の方がメリット大(・∀・)b

こればかりは、一度試算する必要がありますね。

まとめ

透析液清浄化に関しては、ガイドラインも作成され、後はこれに従って行うだけ。

と言っても、

それほど難しくない

ただ、生菌でもエンドトキシンでも出た場合、どうするか?

この場合は業者と相談するのがベストだと思います。

 

洗浄効果の問題か?

装置の問題か?

それとも、検体採取方法の問題か?

 

これを自分で解決しようとすると、なかなかドツボにはまる可能性があります(^^;)

透析液清浄化は今の時代必須

導入時期や今までしていない状態で透析液清浄化を行う場合はなかなか難儀するかもしれません

それでも、

1度清浄化を達成したら後はそれを維持。

維持するのはそれほど難しくない・・・と思います(^-^)

タイトルとURLをコピーしました