臨床工学技士の業務範囲追加研修

臨床工学技士とは


↓もっといい職場がきっとある↓


看護のお仕事

臨床工学技士の業務範囲追加に伴う研修の内容が公表されましたね( ̄▽ ̄)

施行が2021年10月1日からなので、後1カ月ですね

新型コロナウイルスの影響もありますが、研修は混みそうですね(;・∀・)

ということで、備忘録としてまとめました

業務追加研修の対象者

受講対象者が設定されています

『2025年4月1日より前に臨床工学技士の免許を受けた者』

になります。

 

対象者が決まっているなんて・・・きっとこれ以降は、養成学校でカリキュラムに組み込まれているのでしょう

でも何で2025年?って思ったのですが、

これが理由みたいですね

業務追加研修の実施概要

期間:2021年9月から2027年3月(コア期間)

受講料:会員38,000円 非会員60,000円

申し込みから実技研修終了までの期間2年間

この2年間の期間が受講対象者に関わってくるんですね(;・∀・)

それにしても、非会員の受講料は高い( ゚Д゚)

もちろん、会員費を払っているのでそれが加味されているんでしょうけど・・・

会員になってからの期間も記載しておかないと、この時だけ会員になって、受講が終わったら辞めるという人も出てくるでしょうね(;・∀・)

業務追加研修の内容

気になるのはこれですね

研修内容

基礎研修と実技研修の2つ

 

基礎研修ではeラーニングで基礎的な知識の修得 約20時間

実技研修では対面式 2人1組で模擬医療機器等を用いての実技 2日間

 

・・・なかなか時間を取られますね(;・∀・)

さらに、

この実技研修を欠席した場合は・・・再予約が必要で費用が30000円必要(゚д゚)!

これはなかなか、われわれ臨床工学技士の給料では厳しいものがありますね(;・∀・)

これは、是非、病院に費用を負担してもらいたいものですね(>_<)

業務追加研修の受講申し込み

申し込みは外部サイトからになるみたいですね

まずは、アカウント登録が必要

で、

登録しようとしたのですが・・・

日本工学技士会員の番号と臨床工学技士証書の番号が必要

・・・(;’∀’)

探さないとありません(>_<)

ということで、私は登録できませんでした(^^;)

まとめ

ということで、

受講する場合にはアカウント登録が必要

日本臨床工学技士会の会員番号と臨床工学技士番号が必要になります

登録する人は用意しておきましょう!!

タイトルとURLをコピーしました